5月
22

園長通信~そのままの価値~

Written by pinokio posted on 5月 22, 2019 in 園長のお話

あなたなら、どうしますか?

子どもが使っていたものを、そのままにしている時

大きく分けて方法は3つでしょうか

1、そのままにしておく

2、片づける

3、片づけさせる

ここでは1のそのままにしておくことの大切さにふれたいと思います

(紙芝居風にお読みください)

朝の自由遊びの時、ふと目を向けると、紙芝居がそのままにしてありました

園長は、思いました 「さてさて、出したままじゃ、困ったもんだ・・・」

「さあ、片づけるか」

片付けようとした時です

「あっ! 待てよ もしかすると何かしようとしていたのかも・・?」

 

そう思った園長は、誰かがくるか、どうなるか待つことにしました

すると・・・

奥の方から女の子たちがぞろぞろと楽しそうに話しながら来るではありませんか

「おっ、どうした、何だ!」 慌てた園長はそのまま見ています

実はこの紙芝居は遊んでいる途中のもので、女の子たちはまず取り組まなければいけないことをした後に、戻ってきたのでした

そうしながら紙芝居は、5人の女の子の手で、1番、2番、3番と揃えられ・・・

きれいに整えられ、気持ちよく読まれて幸せに収納されたのでした

めでたし、めでたし

 

 

 

長くなりましたが、つまりどのような状況でも、大人の勝手な思い込みや判断で決めつけず、押し付けず

子どもの思いを想像し、予測し、急がずに焦らずに待つこと(そのまま)を大切にすることが、見守る上では大切な姿勢であるということなんだと思います    語り部 園長でした

 

 


Leave a Reply

  • (will not be published)

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>