4月
24

園長通信~一言~

Written by pinokio posted on 4月 24, 2019 in 園長のお話

一言という言葉はいろいろな使い方をします

例えば「あの人は一言多い」「一言付け加えると・・・」「一言では言い表せない」など一言だけでは足りずにつけ足したり、補足説明のような感じで使われます

でも一言にはプラスの力とマイナスの力の両方を持ち合わせているのを忘れてはいけないと感じます

使い方は別として、こんな影響があるのではないでしょうか・・・

 

たった一言だけど、勇気をもらえた

たった一言だけど、励まされた

たった一言だけど、愛情を感じた・・・

一方で、

たった一言だけど、絶望した

たった一言だけど、友達をやめた

たった一言だけど、孤独を感じた・・・

 

たった一言だけど、伝える人の思いと伝わつた人の思いに違いが生まれる

子ども達に言葉を掛ける時、私たちは一言に思いを込めている(考えている)でしょうか?

「頑張れ」と「頑張ってるね」

「すごい↑」と「すごい↓」

「食べなさい」と「食べてみて」

「片付けなさい」と「片付けようか」

同じ一言でも、まったく受け取る人の印象は変わります

 

せっかく掛ける言葉です

 

思いを込めて、やさしさを込めて、愛情をこめて、未来を込めて、掛けてあげたいですね      園長

 

 


Leave a Reply

  • (will not be published)

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>