3月
29

園長通信~頼れる存在~

Written by pinokio posted on 3月 29, 2019 in 園長のお話

子ども達は、一人ひとり異なる魅力を持っています

みんなを引っ張るリーダー的な存在

一方で陰ながら支えてくれる存在

 

活発で動きが目立つ存在

一方で静かにモクモクと遊び込む存在

 

どれがいいではなく、どちらが好ましいではなく

どちらも認められるべきものだと考えます

 

そうするとこんな子ども達の関係性が見えてきます

加湿器の煙を触ろうとしているところに

「どうしたの?」「触れないの?」

と寄り添い、この後・・・

抱っこして「触ってごらん」と

サポートしていました

 

この姿には2つの学びがあります

1つは、困っている子に寄り添う思いやりのすばらしさ

1つは、寄り添ってくれた人の気持をちゃんと理解し、受け入れ、甘えるという自立です

頼られることも、頼ることも子どもの集団があると、自然と引き出されていきます

ほのぼのとした朝の一コマでした        園長でした

 


Leave a Reply

  • (will not be published)

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>