3月
14

園長通信~仕組みを学ぼう~

Written by pinokio posted on 3月 14, 2019 in 園長のお話, 未分類

遊びからの学びは、それぞれです

ただ「楽しい」でもOKです

ただ「なんで?」と繰り返して遊んでもOKです

でもそれは子ども達の視点であり、専門性を持つ保育者は「ただ楽しい」「ただ面白い」に加えて、

楽しい遊びをどう学び(気づき)に結びつけるか?という視点が重要です

今日、ビー玉転がしで遊んでいる子がいました

短い距離を転がして楽しんでいるところにすかさず一言!!

「上手に転がっているね、長~くするとどこまで転がるかな?」

「?」「なが~く?」

そこで子どもたちは「できるかな?」と遊びが広がるチャンスを得てくれたようです

 

でも長くするとうまく転がるところもあれば、上手に転がらず迷うこともあります。

段差や、高低差、スピードなどの工夫が必要です

そうしながら仕組みや重量、加速、距離、時間などの感覚が自然と感じられるのでしょう

今は楽しみながら、様々な気付きを体験する大切な時間です   園長

 


Leave a Reply

  • (will not be published)

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>