1月
11

園長通信~異なるけど同じ、同じだけど異なる~

Written by pinokio posted on 1月 11, 2019 in 園長のお話

遊びは、いろいろな関係をつくり出してくれます

一緒に遊ぶ関係

違う遊びだけど、興味を引き出す関係と様々です

遊びの分類としては、平行遊び、協同遊びなどと言われています

平行とは、同じような遊びをしているけど、字のとおりへ平行で交わらない、つまりそれぞれが交わらず遊ぶことを表しています

協同とは、遊びの中での協力したり、同じ目標を持ち取り組んでいく、字のとおり協力、同じ、つまり交わりながら遊ぶことを表しています

でも・・・子どもたちを見ていると決してそうとも言えない現状があります

この写真では、異なる年齢の子が同じ場所で積み木とすごろくで別々に遊んでいます

でも隣で笑い声がすると、「さっ」と右を見て、楽しそうな雰囲気を見て、いっしょに笑っていました

その後、また自分の積み木に意識を集中させています

そしてまた笑い声が・・・ この繰り返しを行いながら遊んでいました

 

遊びは異なるかもしれませんが、遊びの空間は同じです

同じ場所にいるけど、異なる遊びをしています

私たちには見えない繋がり(空気感、雰囲気、オーラ等かな)が、どんな遊びにもあるのでしょうね

遊びとは、奥が深いものですね    園長でした

 


Leave a Reply

  • (will not be published)

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>